40歳からのPythonプログラミング独学実況中継

40歳未経験者がPythonプログラミングの勉強をメインに、読書や京都のことを書いていく。

4月から勉強時間が大幅アップ

こんばんは。

4月から通勤時間が短くなって、
家での勉強時間が増えた。
(その分、家事の分担も増えたけど)

Pythonプログラミングの勉強を軸に
WebやLinuxなどの周辺も勉強しているから、
対象範囲が広くなってきたので、
タイミング的には丁度良かった。

OSの働きやWebサーバーとの関係、
Html-csssqlなど、知らないと
コードを見ても理解できないところが
増えてきたし、つながりが理解できると
面白いからどんどん広げてきた。

今日は『Pythonクックブック』に書かれている
コードをノートに書き写して(本当の写経)、
一行ずつ意味やどんな動きをするのか、
理解していった。

読んでいてわからない用語があると
Qiitaで調べている。

今日は「疑似ファイルシステム /proc」を
調べたけど、やはり記事があった。

また、組み込み関数で使い方とか、
Python公式サイトで検索すると
ソースコードがあって勉強になる。

かなりコードの行数があるから
読むのは一苦労だけど、
レベルの高いプログラマーのコードに
触れられるのはありがたい。

やる気と根気さえあれば、
スキルを身に付けられる世界は
他にないのではないか。

とにかく紙に打ち出して読み込む。

紙ベースをどんどん無くそう、の風潮だけど
仕事をしてきた経験上、紙に書いた方が
考えられる気がする。

文章を書くときも、ある程度まとまってからは
ワードを使うけど、アウトラインは紙ベース
で考えた方が早い。

ITリテラシーが低いだけかもしらんけど。

体調もよくてはかどる。

今のところ、行き先は不透明で好奇心に
したがってどんどんやっている。

どこにたどり着くのか分からんけど、
今の時代「こっちに行けば安心、大丈夫」とか、
一番怪しい。

自分の好奇心のおもむくままやってみるしかない。

量子コンピュータプログラミングの独学始めました。

こんばんは。

Pythonの勉強を続けながら、
量子コンピュータプログラミングの独学も
はじめました。

具体的には『動かして学ぶ量子コンピュータプログラミング(オライリー)』で勉強しています。

今のところ、CPUとQPUの違いとか、
量子テレポーテーション(IBMのサイトで実践できるみたい)とか、ぼちぼち読み進めています。

紀伊国屋書店ジュンク堂にも関連図書は、
何冊かしかおいていません。

一方、Python関連の本は、いたるところで
目にします。プログラミングを身につける
環境が整っていますが、その分、希少性が
少なくなるのかな、と思います。

最近読んだ『2030年』にも量子コンピュータ
くる、みたいなことが書かれていたので、
試しに勉強してみよう。

Pythonプログラミングをやって意味あるのか?

こんばんは。

コロナの影響で今の仕事に不安を感じている人が
増えたからなのか、プログラミングを身につけようみたいなスクールのCMを目にすることが増えた。

誰かに習った方がいいのは分かるけど、
料金が高いので、今のところ、
入会するつもりはない。

ここまで流行ってくると希少価値がなくなるから
「身に付けてやろ」という気が萎えてくる。
もともとアマノジャクな性格なので、
まわりと同じことをするのも嫌いなのもある。

同じ方向でまわりに人がたくさんいたら
安心するのは分かるけど、
何かにのせられている気がしてくる。

Pythonの勉強をやっているのは、ただ
面白いからというのと、情報量が多い
(紀伊国屋書店の本棚を占めるスペース広い)
から勉強しやすいことがある。

Pythonを勉強することで、サーバーやUNIX
AI等、周辺知識まで身に付けられる。

今やっている本業とは、ほとんど関係ない。

プログラミングの勉強をして、
何らかの仕事につながればいいけど、
プロがしのぎを削る世界で今から参入するのは
厳しい気がする。そうかと言って、スキルを
磨いていれば違う形で実になる可能性もある
と思う。いずれにせよ、将来どうなるか、
分からんことに投資(時間)するのはリスク
だけど、100%リターンがある投資先など、
詐欺以外ないので、とにかくやってみよう。

『デザインパターン(Gof本)』を読む。

こんにちは。

Pythonクックブック』など、
参考事例のコードを写経しながら、
デザインパターン』の勉強をしています。

正直、内容が難しくて理解するのが
やっとの状態であり、実践でどうやって
応用するのか、まったく想像できません。

ただ、こういう難解な本から逃げて、
簡単なものだけやってても力がつかない
と思うので、取り組んでいます。

毎日、少しずつあたっていって、ある日、
突然分かるようになる感覚は、
爽快感がすごいので、それを目指して
継続しているところです。

レベルはぜんぜん違いますが、
フェルマーの定理」を証明した
アンドリュー・ワイルズ博士が
数学の問題を解いたり、証明したり
するのを真っ暗な部屋で例えています。

真っ暗な部屋の中を手探りで探索していると
最初の頃は、いすや机の角に足をぶつけてしまう。
そのうち、なんとなく物の配置が分かってきて、
半年間もたつと、最終的に部屋の電気のスイッチ
を見つけて押したら、部屋の全貌が分かる。

すごい天才でも試行錯誤はいるので、
自分も頑張ろうと思います。

『Python実践入門(陶山嶺著)』を読む。

こんばんは。

去年の夏ごろにこの本を購入してから、
繰返し読んできました。

机に向かってガッツリ読むことはしないで、
電車の待ち時間とか、イオンの駐車場で
車で待っているときとか、パラパラ見る
ことが多かったです。

家では分厚い本を読むので、
どうしても外では軽量の本を読みます。

内容の全てを完璧に理解して、
記憶できているわけではありませんが、
歩きながら「あのページにはこんなことが
書いてあった」と思い出せるレベルには
なりました。

「理解しないで丸暗記してもダメ、応用できない」
と受験のときに、特に数学については言われて、
なぜか「覚えたらアカンのか」と勝手に解釈して
一時期、数学の偏差値が伸び悩んだことがありました。

今は「丸暗記してもぜんぜんオッケー」だと思います。というよりも、そもそも覚えようとして読んでません。何回も目を通しているうちに、いつの間にか、覚えていた、という感覚に近いです。

それで「丸暗記だから応用が効かないのか」というとそうでもなくて、ある問題について考えていると、丸暗記したハズの解法で解けていたりします。丸暗記していたと思いきや、いつの間にか理解もできている状態になっていました。

なので「丸暗記はダメで、理解が先」とか、「丸暗記だけでオッケー」とか、いろいろあると思いますが、実は明確に分けられるものではなく、複合的に絡み合っているのかな、と思います。

あまり深く考えずに、電車の待ち時間とか、
カフェで休憩中とかに、サッとカバンから本を取り出して、読んでみるのを継続してみるのがいいかな、と思います。

難解な本を挫折しないで読む方法

こんばんは。

コンピュータ関連の本は、
分厚くて内容も難しいものが多いです。
(とくにオライリー出版)

本を買うときは
「これを読んだら専門家やな」
と意気込んで読みはじめます。

2~3日もたてば
「まだこの本、自分が読むには早かったな」
とか言って、読むのを諦めていました。

「もっと基礎的な本から読もう」
といって、もう少し簡単な本を購入していました。
でも、基礎的過ぎて、まだまだ難しい本を読める
レベルにはなれません。

いつもこのギャップに悩まされてきました。

いろいろ試した結果、難解な本を理解するには、
直接その本にあたってみないと、
いつまでたっても読めないままだな、
と気づきました。

それで難解本に取り組もうと、
1頁目から順番に読み進めていきました。

案の定、意味がわからなくて、
内容が頭にぜんぜん入って来ません。
目がチカチカする感じもあります。

それでも分からない用語をググったり、
他の本で調べたり、なんとか理解しようとします。
知らない用語を調べると、さらに分からない
専門用語が出てきます。

また、いろいろ調べて理解できたとしても
1ページ読むのに「何時間かかってん!」
となります。

1ページに1時間かかったとしたら、
500ページも600ページもあるので、
絶望的になってました(今は違います)。

「誰かに習わないといけないのかな」
「才能がある人にしか無理かな」
「大学の時から何時間も勉強してきた人しか理解できへんのかな」
「専門で仕事をしてる人にしか、理解できないのかな」

など、読むのを諦めようとする自分が
攻めてきます。

昔はここで諦めていましたが、
今は違います。

知らない用語をしらべたり、繰返し読んだり、
ノートに写したり、理解しようと
もがいていれば、いつの間にか、
理解できて身につく、
と思えるようになりました。

一日読んでみても、ほとんど変化を感じませんが
諦めずに繰返し読みを2週間も続けていれば、
少しずつ分かるようになって、記憶に残る
ようになります。

『リミットレス超加速学習(ジムクウィック著)』を読みました。

こんばんは。

リミットレス超加速学習(ジム・クウィック著)』
を読みました。

どこかで見たことがある名前だな、
と思ってたら『シリコンバレー
ライフハック』に出てきていました。

著者はもともと、学校の勉強が苦手だったけど、
読書のやり方とかを工夫したら、
めちゃめちゃ読めるようになって、
勉強ができるようになった方です。

この本には「勉強のコツは、教科書を何回も
読んで覚えるのではなく、教科書を見ないで
思い出そう(想起しょう)とするのが
一番覚えられる」とあるし、
「読書は最高の投資」ともある。

これは他の勉強本『超自習法』にも書いて
あったから間違いないと思います。

ただ、「想起する」については
気をつけないと挫折します。

具体的には、はじめて読む本で、
書いてある内容に馴染みがない場合は
2、3回読んだくらいでは、想起
しようとしても全く思い出せません。

自分の場合は『デザインパターン(Gof本)』です。

1回読んだだけでは、理解もできず
何を書いていたかも思い出せない状態です。

それでも気にせず、次の日も読みます
(正確に言うと「目を通します」)。

これを1週間続けてもあまり変わりません。

なお、本の読み方としては
1ページずつ、理解して記憶したら
次のページにうつる、ではありません。

とにかく、一日50ページ位、一気に目を
とおします。このとき、理解しているか、
どうかは気にしません。

それを1週間続けても特に変化は起きません。
少し馴染みの専門用語が増えてきたかな、
くらいの感覚です。

さらに2から3週間続けると、
あれほど馴染みのなかった専門用語が、
なんとなくわかるようになります。

この段階で、例えば電車の乗り換え時など、
歩きながら「想起」すれば、効果的かな、
と思います。